Needless Label


主に水草について色々と
by adamaki98
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
最新の記事
開花
at 2013-07-06 19:05
Cryptocoryne c..
at 2013-06-25 13:09
クリプトコリネsp. ダクシ..
at 2013-06-14 01:51
Cryptocoryne c..
at 2013-06-10 00:26
そろそろ再起動
at 2013-06-07 14:05

<   2011年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Chlorophytum sp.

e0227587_23551422.jpg

確かカメルーン、フィフィンダの謎の草
オリヅルラン系っぽいという話。
少なくとも決してサトイモ科ではない。ユリ科っぽい花ではありました。まあ、オリヅルランの花です。

昔咲いてた花。こんなの。
e0227587_23563481.jpg



ワーディアンケースの上に乗っけて放置していましたが、
そろそろちゃんと仕立ててやらなければ、という事で植え替えました。
むしろ今まで生きてた事が不思議。そこまで杜撰でした。
まあ、植え替えた時に根は殆ど死んでましたが。それでも生きていた。
多分ちゃんとやれば綺麗になるんじゃないかと思うんですが……。

全盛期がこんな感じ。
四方八方にランナーを伸ばしております。
e0227587_23581559.jpg

もっとごつくしたい。


……誰も興味無いんだろうなぁ、こんな草。
僕もそこまで興味は無いですが、愛着が湧いているので(笑)
[PR]
by adamaki98 | 2011-11-30 00:03 | ・陸草

Putussibauのギザシダ

e0227587_22103673.jpg

Microsorium spで出たシダ。
まあミクロではないんでしょうけど(知りませんけど)
e0227587_22111255.jpg

茎は這ってはないですが。伸びたら這うかもしれないし。伸びないかもしれないし。

新芽
e0227587_22113387.jpg

凸凹
[PR]
by adamaki98 | 2011-11-29 22:15 | ・シダ

Homalomena sp. from Pendang

環境にも馴染み、カタツムリの脅威もほぼ無くなってきた為に、
ようやく本調子な葉が完成しました。
e0227587_0464887.jpg

葉脈が緑
e0227587_047955.jpg

ちょっと白が薄いでしょうか。
もうちょっと時間が掛かるのか? それともこの環境ではこうなるのか?


全体
e0227587_0472987.jpg

不格好ですねぇ。やはり全盛期とは比べるべくもない。



そう言えば今日(昨日か)AZ便やらの回収をしにるぅつさんに行ったところ、王虎さんにお会いしました。
いやー、びっくり。
生身の私はかなりの人見知りな為、あまりお話も出来ませんでしたが。
名刺も頂きました。
何か有名人に会った気分(笑)。
[PR]
by adamaki98 | 2011-11-29 00:54 |   sp. from Pendang

Bentong産シダ

おお、新芽が白い。
e0227587_046856.jpg


前から気付いてはいましたが。
以前より大きくなったので更に綺麗に見えたので。
これくらいの新芽はまだ柔らかいですが、落ち着いた葉はパリッと割れそうな程に硬いです。
実に地味で良いシダだ。
[PR]
by adamaki98 | 2011-11-25 00:47 | ・シダ

ラウンドリーフ浮き葉

e0227587_035352.jpg

化け物め……。
ディスタキウスより大きいでしょう。
絶好調過ぎる。
水中もこいつの水中葉で埋め尽くされている。

ああ、大型水槽が欲しい。
大きいところで見たら絶対綺麗なのに。
アポノゲトンは、確かに大きさの調整もやろうと思えば出来るけど、
やっぱり大きく育った時の方が、葉のディテールも美しいのである。

大型水槽持ってる人で、誰かこいつ育てて見せてくれませんかね。
これあげるから。
……誰も要らないか(笑)。
[PR]
by adamaki98 | 2011-11-25 00:44 |  natans Round-leaf

徒然ブセファランドラ

水中の目に付いたブセを撮ってみた。

More
[PR]
by adamaki98 | 2011-11-23 12:49 |  ブセファランドラ

ちょっと実験をします。

まず適当なプラケースを用意しまして。
そしてそこにぴったりはまるような適当な網目の籠を用意しまして。
籠に薄く軽石を敷いてから、ヘゴチップをぶちまけます。
e0227587_2112456.jpg

そして、適当な大きさのヘゴ板を繋ぎ合わせ、立て掛けます。
e0227587_2114440.jpg

そしてヘゴチップの上に生ミズゴケを敷き詰めます。
そしてそして、そこに適当にシダやらクリプトやらサトイモやらを突っ込みます。
あとは適当に、生ミズゴケに触れないくらいまで水を入れます。
e0227587_2122064.jpg


完成。

ちょっと突っ込みすぎたので、後で適当に抜いときます。

ミズゴケとヘゴの組み合わせはよく見ますが、
そう言えば生ミズゴケとヘゴの組み合わせは知らないなぁと。
ヘゴ棒を伝うコケに埋もれて成長するバードウィングを見て、思い付きました。

シダはおそらく育つでしょう。
渓流サトイモ系も上手くいくんじゃないかと想像しています。
まあ、着生系は結構育つんじゃないかと。
クリプトは遊びです。

何故プラケースに直接植えず、籠に植えたかと言うと、
上手く行ったら、将来60㎝くらいの水槽にサイズアップしようと思うので、
その時にそのまま移植出来るように。
あと、夏になった時に、籠を上げ底にして水量を増やし、そこにクーラーでもつけてやろうかと。
根を冷やすのは基本であります。

ミズゴケが育ってきたら、ヘリアンフォラでも植えてやろうかとも思ってます。
ヘリアンフォラは絶妙な水やりで乾燥気味に育てる事も出来るようですし、
逆に現地では水浸しの株もあると聞きます。そこら辺の適応力はあるのでしょう。
ならば、常に根部を冷たい水が流れていたら管理が楽そうだ。
それに彼奴らは生ミズゴケとの相性も抜群である。
あるいは高地性の小型のネペンテスでも植えるのもいいかもしれない。


……などと妄想しています。
[PR]
by adamaki98 | 2011-11-22 21:06 | その他

ホマロメナsp.スラウェシ

無事、形質が安定しております(笑)。
ちょうど重なった2枚の現地葉が、1枚に見えるという。
e0227587_214589.jpg


ここから逆にナローになる事もあり得なくはないのだろうか。
取り敢えずはもうちょっと様子を見てから、色々な環境へ連れ出してみましょう。
[PR]
by adamaki98 | 2011-11-22 02:08 |   sp.スラウェシ

Aridarum caulescens Bintulu

e0227587_111340.jpg


これも水中で育ってはいるのですが。
大きさはこれでだいたい安定しております。
もっと良い環境では大きくなるのではないかと思いますけれど。
ブセほど水中向きではないというのは確かです。
でもまあ、angustifoliumと比べてもそう遜色ない水中適応性はあります。

もうちょっとシャープな葉をキープしてくれると嬉しいですけど。
[PR]
by adamaki98 | 2011-11-21 01:07 |   caulescens

アルバ(茶)

e0227587_241479.jpg

綺麗だなぁ。
写ってないですけど、茶の部分も緑の部分もラメってます。
e0227587_2411965.jpg

[PR]
by adamaki98 | 2011-11-18 02:42 |  alba


検索
フォロー中のブログ
link
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧