Needless Label


主に水草について色々と
by adamaki98
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
最新の記事
開花
at 2013-07-06 19:05
Cryptocoryne c..
at 2013-06-25 13:09
クリプトコリネsp. ダクシ..
at 2013-06-14 01:51
Cryptocoryne c..
at 2013-06-10 00:26
そろそろ再起動
at 2013-06-07 14:05

<   2011年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Lasia spinosa

ふむ
e0227587_2237723.jpg

それでいつ開くんですかな。
やっと茎も固まってきましたし、もう開花してもいいと思いますが。
成長途中の茎は柔らかく、しっとりとしたゴムのような感触が面白かったです。棘も痛くないですし。


第2弾準備中
e0227587_22423464.jpg

いや、もう花は1本でいいんで、早くミズヤツデチックな葉っぱを見せてください。
[PR]
by adamaki98 | 2011-10-30 22:45 |  ラシア

パープルウィドウ

e0227587_2356191.jpg

何かやけに青い光を反射しています。
e0227587_23564274.jpg

e0227587_002233.jpg


地が赤くて青く光るから紫に見える、とか。まあ単に青味があるだけでしょうか。
大きくなってほしいものです。何より早く花を見たい。
ここからだと1年くらい掛かりますかね。上手くいけばもっと早いでしょうか。
[PR]
by adamaki98 | 2011-10-30 00:01 |  ホマロメナ

フィランサスsp.TRICHUR

e0227587_2351232.jpg

インド便の変な草。今のところ小低木って感じもしないです。ただの草。
e0227587_23511933.jpg

よく分からないヤツです。何故か1回、半分近く腐りましたし。だから芽が小さいのです。
それに、水中に放り込んだヤツがまだ生きてますし。生きてるだけですけど。

そもそも、現地株自体、もっと大きいと思ってたんですけどね。
いや、まだ小さいだけでしょうか。
現地画像はかなり格好良いので、茂らせたいものです。
[PR]
by adamaki98 | 2011-10-28 23:53 | ・陸草

クリプトコリネ アルバ ブラウン 赤花

産地無しの茶系赤花(だったかな。曖昧)です。
こいつがまあ、遅いし溶けないし、質感なども他のクリプトと一線を画する訳ですが。

貴重なアルバだ、という事もあまり関係なく、この模様が気に入ってお迎えしました。
e0227587_2342339.jpg

この不均等な茶模様と独特な緑。あまり強烈には波打たない葉縁。
e0227587_2342532.jpg

時間が経つと全部茶色になっていくんですが。
e0227587_23432228.jpg

水中も得意らしく。あまり姿も変えないようです。
早く増えないかな。
[PR]
by adamaki98 | 2011-10-28 23:45 | ・クリプトコリネ

ペンダン復活!

  の兆し
e0227587_22513184.jpg

以前よりもがっしりした葉が出そうです。

e0227587_2252337.jpg

ただ、これからちょうどヒーターが稼働しだす時期なので、
ケース内の環境が変わってしまうんですよね。
ようやく環境に慣れたところなのに、更に変化。実にタイミングが悪い。
ま、大丈夫だとは思うんですけど。


e0227587_22524099.jpg

葉先がとがーる。
[PR]
by adamaki98 | 2011-10-27 22:57 |   sp. from Pendang

カメルーンヘテロクリタ(2)

割とお気に入りのシダ。
e0227587_18272073.jpg

こう、何て言うか、羽片の付け根辺りが好き。
e0227587_18274421.jpg




ヘゴに根が食い込み始めてから調子付いてきました。
e0227587_1828284.jpg

そろそろヘゴを継ぎ足さなければ。
単純に新しいのに貼り付けるか、加工して組み込むか。
[PR]
by adamaki98 | 2011-10-25 18:30 |  カメルーンヘテロクリタ

ナロー

やっぱりうちではセミナローのようです。
e0227587_1822942.jpg

ま、これはこれで。
[PR]
by adamaki98 | 2011-10-25 18:22 |   sp.スラウェシ

アポノゲトンの球根についての考察(と言うか観察結果)

ウンデュラタス=球形 歪になる事も
クリスプス=球形 紡錘形 
ボイビニアヌス=分厚い円盤形 扁平な円錐
レースプラント(広葉)=凸凹 殆ど不定形 かりんとう形 複数の芽がある事が割と多い
ディスタキウス=カール(スナック菓子)形


サンプル少ないので、まあ、これくらいですか。
あ、マダガスカル産のものは総じて毛が少ない(無い)のでは。
ウルバケウスもカプロニーもそんな記憶が。


これらの違いは何に起因するのか。
単純に種によって違うのか。
ウンデュラタス以外は採集物が多いのではないかと思うので(クリスプスとかってファームで生産してるんですかね)、自生している環境によるのか。
採集方法によるものなのか。
あるいは管理方法か。

こんな馬鹿な事を考えるヤツは自分くらいではないかと自覚。
どうでもいいですね。いやほんとにどうでもいい。
[PR]
by adamaki98 | 2011-10-21 23:29 | ・アポノゲトン

ラウンドリーフ

やはり綺麗ですが。
e0227587_23153397.jpg

もうウンデュラタスと見間違う程。胎生芽も2本目出てますし。
正体不明だ。
そもそもナタンス自体も、個人的にとらえ所が無いので、何とも分からないですね。
ナタンスは『natansじゃないのでは』説も浮上しましたし(笑)



面白い奇形。
e0227587_23184873.jpg

胎生芽から出てたもの。2股になったと言うより、2枚の葉の葉柄が癒着した感じ。
ウンデュラタスの子株でも時々こういうの見ますが。


この後、地表部を伐採しました。
でかいんだよ。
まあ、すぐに復活するんでしょうけどね。
[PR]
by adamaki98 | 2011-10-21 23:20 |  natans Round-leaf

ヘテランテラ Itapua Paraguay AZ便

e0227587_034482.jpg

e0227587_2310572.jpg

浮かせた状態で放置してますが、水面下をマット状に育っています。直径20㎝程度。
浮き草として使えますよ、これは(笑)。根も大して下に伸びてないですし。
植えた場合でも、ずっと小型のままで、這うように育ちます。
良い有茎です。
[PR]
by adamaki98 | 2011-10-21 00:36 | ・有茎


検索
フォロー中のブログ
link
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧