Needless Label


主に水草について色々と
by adamaki98
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
最新の記事
開花
at 2013-07-06 19:05
Cryptocoryne c..
at 2013-06-25 13:09
クリプトコリネsp. ダクシ..
at 2013-06-14 01:51
Cryptocoryne c..
at 2013-06-10 00:26
そろそろ再起動
at 2013-06-07 14:05

<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

僕の発言について

短いうちに気が変わりました。
先ほどのカメルーンヘテロクリタの記事のコメントにて、
僕の個人的な意見のほぼ全てを書いたので、
もしそういった話題が目的でここにいらした方は、まずそちらのコメントを全て読んでください。

本当は植物関係以外の記事を書くつもりは無かったんですが、よく考えたら今更です。
そもそも、愚痴とか言って中途半端に説明不足なものを書くのがいけないんですね。

発端の記事はこちらです。

さて、上記のコメントで何度か言っていますが、僕は自分をひとでなしだと思っています。
なので、僕個人に対する感情的な反発をコメントするのは、意味がありません。
自覚ある馬鹿に馬鹿と言っても無意味です。
この場合の有効な反論は、僕の意見を言葉によって合理的に否定する事です。
その意味では、以前の2名の反論者さんは、反論者たり得ません。
まあ、それも僕の圧倒的な説明不足のせいですが。

上記のコメントを読んでもらえれば、僕の意見が決して被災者の方や、援助しようとしている人達を理不尽に無視し否定するようなものでない事が分かるかと思います。
これが僕なりの最善だと思うものなのです。
もしこの意見が、明確な理由によって間違っているのならば、ぜひお教えください。
僕の見識など、高校生に毛が生えた程度のものなのです。
間違っている可能性は大いに、大いにあります。

そして、皆さん承知の通りだと思いますが、僕の意見など、たった一人の馬鹿が考えた理屈なのです。僕以外の人間に必ず通用するとは思っていません。
押し付けもしません。出来ません。


しばらくはこの記事を一番上にしたままで置いておきます。


最後に、
僕の中で、人間味のある心の方で、
心より、いち早くの復興を願っています。
[PR]
by adamaki98 | 2011-03-21 02:41 | その他

カメルーンヘテロクリタ

e0227587_2341642.jpg

ヘテロクリタ??? ですが。
正体不明。ヘテロクリタなのか以前に、ボルビなのかも分からず。

個人的には違うんじゃないかと。適当ですが。
水中は無理なヤツでした。耐えはしますが。もう溶けましたし。
透明だった葉と不透明だった葉の違いは、湿度ですかね。あるいは光量か。
まあ、どちらにしろ環境による違いでしょうが、水中葉ではないでしょう。

これも最近までかろうじて維持している状態だったので、未だにこんな大きさ。
e0227587_2341474.jpg

何故か根茎が立ち上がってくるので、ミズゴケ乗っけて密着させてます。
e0227587_234287.jpg

クダガンと共に。
[PR]
by adamaki98 | 2011-03-18 23:51 |  カメルーンヘテロクリタ

シダの1種 Timika パプア州

e0227587_23332062.jpg

何だかマメヅタのような姿に。
もっとちゃんとした環境なら、綺麗に育ってくれるんでしょうが。
e0227587_23334475.jpg

鉢植えにも限界がありますね。
やっぱり流木なんかに這わせるのが理想でしょうか。
つまりテラリウム。
e0227587_2334343.jpg

一緒に植えているボルビの葉を這い昇っています。
e0227587_23342760.jpg

取り敢えず今はほぼ密閉の水槽内ですが、湿度はどれだけ必要なんでしょうかね。
そのうち適当に切って温室の方に移動させましょう。

e0227587_23345417.jpg

かろうじて維持しているストック状態。
[PR]
by adamaki98 | 2011-03-18 23:36 |  sp.Timika

ぐちぐち。

何か気分が落ち込みますね。
あっち方面に住んでいる親戚なんかの無事も確認されたので、自分の身辺には何かあった訳ではないんですが。
かなりの喪失感があります。
どうも鬱々とする。
テレビが全局同じ内容というのも嫌ですね。
絶対に必要ではあるんでしょうが、ずっとそればかり見ていられる程、人間強くはないでしょう。
個人的に、テレビは日常の象徴ですし。
被災者の方の中にも、情報を貪欲に欲している人もいる一方、何か気晴らしを必要としているような人もいるでしょう。
馬鹿なバラエティまではまだ要りませんが。
ま、贅沢でしょうか。
もしかして、同じ日本人なら少しでも苦悩を分け与えるべきだ、という事なんでしょうか?

あと、社会人やバイトしている学生は、募金を募ったりしている場合ではないでしょう。
働き盛りの人間がやる事ではないです。ああいうのは高校生以下の人間に任せるべきで。
駅前のあれなんて、効率の悪い、ただの善意の押し付けです。
絶対的な善行ではなく、軽い迷惑行為でもあるという事を自覚するべきですね。
あれの前を通る時に苦痛を感じる人もいるんです。

そんな事を言っている僕には、ほんの僅かな寄付と、気休めの祈りしか出来ませんが。

さて、ただの愚痴でした。


Sagitaria Graminea “Crushed Ice”
e0227587_14114211.jpg

e0227587_1412614.jpg

フロリダるぅつ便にて入荷の、斑入りジャイアントサジタリア。
ランナーの先に球状のものが付いていたので、切り取って植えておいたところ、こんな感じに。
水中葉はサジタリアらしくテープ状。
新芽の時は真っ白ですが、伸びてくると緑が濃くなります。
さあどこまで大きくなるのか。


ホマロメナsp. ペンダン
e0227587_14123068.jpg

逆にこっちは、葉が古くなる程、白が侵食してきています。こんな風に変化するとは思ってませんでしたが。
e0227587_14125185.jpg

左下、右下が現地の葉ですが、何故かそれより幅広に……。
これは調子が良いのか悪いのか、単なる適応か。
子株の成長が思った以上に遅いので、水中はまだ試せてません。


ブセファランドラsp. Serian
e0227587_14132280.jpg


e0227587_14134095.jpg

そして開花。

ブセファランドラの仏炎苞って、どうしてこう、無理矢理開いてるような感じなんでしょうね。
開ききった時、絶対に1箇所は千切れてるじゃないですか。
無駄にエネルギー使ってるような印象です。


……原発、大丈夫なんでしょうか。
[PR]
by adamaki98 | 2011-03-15 14:17 | 色々

ハスティフォリア(aquafleur)

e0227587_22445112.jpg

フルールのハスティフォリア。
足りない知識と資料から鑑みるに、
ギガンティア辺りかな、と思う訳ですが。どうなんでしょう。


e0227587_22451488.jpg


新葉
e0227587_22453740.jpg

3、4年は動かしておらず、窓際の光で順調に育ってきましたが。
根茎が手首くらいはあります。
そう言えば、こいつも冬でも成長しますね。
30キューブをほぼ独占してますが、
そろそろ、Rootsさんのところのように水盤か何かに植え替えようかと思っています。
そうすれば、一緒にあんなものやこんなものも植えて……。夢は広がります。
[PR]
by adamaki98 | 2011-03-08 22:48 |  アヌビアス

spiralis

e0227587_22354460.jpg

インド便のスピラリス、NILESHWAR-Aが、サテライトで冬を越しました。
一応株元は加温されているので不思議ではないんですが、
玄関に近いので夜などは気温10℃は確実に下回っていた筈です。
e0227587_22361230.jpg

ま、さすがに堪えてはいたらしく、葉先が萎縮して完全に開ききっていないです。



上とは別の株を植え替え。
e0227587_22363939.jpg

面倒くさがって小さい鉢のまま放置していたら、さすがに溶けてきたので、植え替えました。
しかし、鉢から抜いたら(抜くのも苦労しましたが)、土が殆ど無いんですよね。
どこに行ったのか。質量保存の法則を破るとは、とんだ化け物です(笑)。
まあ、植物育ててる人にとっては、あるあるネタですね。
e0227587_22372989.jpg

根茎も、購入時のまま、化け物です。
根は全てぶった切って植え直しました。

割とシンプルなスピラリスなんですが、何故だか気に入っています。
まあ、色んな場所で単に放置しているだけなんですが、
室内とは言え冬も越すとなると……。
むしろ過保護にした方が調子悪いような気がしてきました。
[PR]
by adamaki98 | 2011-03-08 22:39 |  spiralis

新ピッチャー

e0227587_1252246.jpg

すばらしい。
開ききった袋より、これくらいの方が好きです。
[PR]
by adamaki98 | 2011-03-04 01:28 |  ネペンテス

ギニアンボルビ 獅子葉風

e0227587_164071.jpg

シシ神が首を取り返しにやってきた図

これは何故か大きくなると先分かれしにくくなってくる。
上のはだいたい20㎝ぐらいの葉で、これくらいになると、MSRさんのところと同じように
葉先が伸びるようになるんですが、先分かれは殆どしなくなってしまう。
しても二股程度。

e0227587_17299.jpg

だいたい10㎝前後の時の葉が見頃。
e0227587_172570.jpg

ただ、それくらいの大きさだと、遠くから見るとただのボルビとあまり変わらず。
一枚一枚の葉を楽しむものですね。

水上だとどうなるか気になりますが、そっちはいったん葉を枯らしたので、
再チャレンジ中。

e0227587_175034.jpg

今までの最高傑作。
[PR]
by adamaki98 | 2011-03-04 01:13 |  ボルビティス

ブセファランドラsp.カユラピス

e0227587_0534458.jpg

スカダウ1とカユラピス1
真ん中より左の少しでかいのがスカダウ。
e0227587_0561965.jpg

1㎝満たない茎から、1年以上掛けて、ようやくこの塊へ。
ここまで来ると、かなり愛着が湧きますね。

そう言えば、種小名のモトレイアナって、どこから出てきたものなんですか?
最近はすっかりレッドステム系の呼び名として定着してますけど。
ネットでちらっとスケッチ見たりもしましたけど、あれは見比べる対象が無いとさっぱりですね。
今来てるブセファランドラは『全てモトレイアナ』疑惑は、聞いた事がありますが、
やっぱり他の記載種とは決定的な違いがあるという事なんでしょうか。

まあ、学者さんがブセファランドラにどれだけ興味を持ってるのかなんかは知りませんが。
[PR]
by adamaki98 | 2011-03-04 00:58 |   sp.カユラピス産


検索
フォロー中のブログ
link
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧