Needless Label


主に水草について色々と
by adamaki98
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
最新の記事
開花
at 2013-07-06 19:05
Cryptocoryne c..
at 2013-06-25 13:09
クリプトコリネsp. ダクシ..
at 2013-06-14 01:51
Cryptocoryne c..
at 2013-06-10 00:26
そろそろ再起動
at 2013-06-07 14:05

カテゴリ: アリダルム( 1 )

Aridarum sp. "Batang Lemanak"

変な植物好きとしては買わなければ。
e0227587_20592769.jpg

TBさんのブログで見た時の第一印象は、
アリダルムっぽくはないな、という感じでしたね。
むしろ以前来た、青色じゃない方のツルアダンのような印象を受けました。つまりサトイモ科に見えなかった。

で、TBさんでも注文しましたがRootsさんでも実物を確認しました。

根元
e0227587_2104656.jpg


そして、この妙に長い茎よりも特筆すべき特徴を発見しました。
もしリリース名通りアリダルムなら、茎の長さなど環境次第でどうにでもなるでしょう。
いや、ならないかもしれませんが、逆に水槽内でこれを再現出来るとは思えません。
アリダルムではなくて実は低木だった、とかならこの姿を維持出来るかもしれませんが。

e0227587_2113918.jpg

葉はアリダルムです。頂芽付近もアリダルムです。

葉裏
e0227587_211569.jpg


ただ、茎の、葉が付いていない箇所に細かい毛のようなものが確認出来ます。
e0227587_212147.jpg

葉が落ちた跡に筋が残っている感じですね。
枯れ葉を取り除いたアヌビアスなんかで時々見ます。ただ、それにしても少し毛深い。
背の高い(長い)容姿と相まって、まるでヤシのようです。
葉の付いている部分を見れば、
ブセやピプトなどにある茶色い膜のようなものの代わりに、毛が生えているようにも見えます。
しかし、ピンセットにて探ってみたところ、新芽の脇の長い毛に埋もれて、通常の膜も確認出来ました。
すると、膜が裂けて次第に毛状になるような種類なのか。
あるいは膜とは別に毛が生えるのか。

店主さんとも低木めいたものかもしれないという話にはなりました。
まあ不可思議すぎる姿ですからね。
しかしアリダルムであるという可能性も充分あります。葉だけ見るとそのままですし。何よりその名前で出てますし。

花は現地では確認されているのでしょうか。
まあ、何であろうが面白いので良いですけど。
[PR]
by adamaki98 | 2011-12-27 21:07 |  アリダルム


検索
フォロー中のブログ
link
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧