Needless Label


主に水草について色々と
by adamaki98
カテゴリ
全体
・アポノゲトン
 appendiculatus
 capuronii
 crispus
 crispus Red
 distachyos
 madagascariensis
 natans
 natans Round-leaf
 rigidifolius
 robinsonii
 undulatus
・クリプトコリネ
 affinis
 alba
 cordata
 crispatula
 dewitii
 nurii
 spiralis
 thwaitesii
 wendtii
・有茎
・エキノドルス
 opacus
・シダ
 sp.Timika
 カメルーンファン
 カメルーンヘテロクリタ
 ボルビティス
 Diplazium sp.
・サトイモ
 アヌビアス
  sp.カメルーン
 アリダルム
  caulescens
  purseglovei
 ブセファランドラ
  sp.西カリマンタン産
  sp.カユラピス産
  sp.Serian産
  sp. Sanggau Utara1
  sp.クダガン産
  Kota Baru Selatan
 ホマロメナ
  sp.Sanggau Utara
  sp. from Pendang
  sp.スラウェシ
 アリダルム ボルネンセ(仮)
 ラゲナンドラ
 ピプトスパサ
・陸草
 観葉
 クリナム
 ラシア
 ネペンテス
 ヘリアンフォラ
色々
その他
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
最新の記事
開花
at 2013-07-06 19:05
Cryptocoryne c..
at 2013-06-25 13:09
クリプトコリネsp. ダクシ..
at 2013-06-14 01:51
Cryptocoryne c..
at 2013-06-10 00:26
そろそろ再起動
at 2013-06-07 14:05

付けただけ

e0227587_22233489.jpg


のんびり気長に完成を目指します。
[PR]
# by adamaki98 | 2012-09-25 22:24 | ・シダ

クリプトコリネ コグナータ

恐ろしいまでにコケまみれで見にくいですが、
何だか咲くようです。
e0227587_18395664.jpg

今のところ2本の花芽が見えます。

まあ特大株を導入しましたのでね。
丈夫そうで何よりです。
鉢植えで水面近くに吊ってある状態ですので、咲けば突き出るでしょう。

葉も、小さく妙に密集した歪なものから、正常なものになってきました。
e0227587_18432068.jpg

e0227587_18433496.jpg


それにしてもコケまみれだ。
[PR]
# by adamaki98 | 2012-09-24 18:44 | ・クリプトコリネ

ホマロメナsp.ナロー スラウェシ LA

e0227587_23432450.jpg

茎がひょろりと伸びまして。
ホマロメナは基本ロゼットなイメージなので、何だか異様な姿ですが、これはこれで好きです。
何だか足を広げた蜘蛛のようで。今にもわさわさ動き出しそうな。


根元の土中から芽が2本出てきました。
e0227587_234821.jpg

うちでは、やっぱり葉形は安定しません。本来は細いんでしょうね、多分。
良い環境でないのでしょうか。


ようやく花見が出来るようです。
e0227587_2350338.jpg

[PR]
# by adamaki98 | 2012-09-07 23:53 |   sp.スラウェシ

ダナエフォリウム(2)

e0227587_17255513.jpg

ようやく入荷時の葉を越えてきた感じです。


新芽
e0227587_17262495.jpg


e0227587_1727273.jpg

根元も賑やかですが、どうなるでしょうね。
[PR]
# by adamaki98 | 2012-09-04 17:27 | ・シダ

ラシア完成

e0227587_2224560.jpg

大変満足です。
ここまでくれば、もうほぼ完成形と言っていいんじゃないですかね。

e0227587_2242539.jpg

何故か葉柄は短くなりました。見た目は詰まった感じで良いのですが。
人の背丈程度になるのでは、という話も聞いたので、更に巨大化するのでしょうか?
別にしなくてもいいですが。今がちょうど良い。

子株は2本出てますが、更に芽を出してくれそうな突起が2本待機中。
e0227587_2292380.jpg


e0227587_2294892.jpg

ラシアと言えばやはりトゲ。
素晴らしい。
たまに強風なんかで、隣のミミモチシダや自身の子株の葉が擦れて破れるのが玉に瑕。



さてインド便も見させてもらいました。
e0227587_22282792.jpg

とても変態的です。大きさといい色や形の組み合わせが見慣れないからですかね。
丈夫だといいですが。根茎があまり無いのがとても怖い。

今回のインド便、本命はもちろんアポノゲトンだったのですが、何だか……なるほど……そうなんですね。
根の生え方とかを実際に見て、確かにアポノゲトンではないな、というのは分かりましたが、
僕にはそれだけしか分かりませんでした。
面白そうでしたが、手に負えなさそうなので、諦めました。
cf.ラクホネンシスとか、とても変わっているという文章で、とても期待していたんですが……。
やっぱりlakhonensisはああなのかなぁ。確信はまるで無いんですけどね。
自分の説を覆して欲しかった思いもあったのですが。
自分で言っておいて、信じ切れないというのは、とても寂しい。
実物で示してもらいたいものです。

インド便、お世話になりました。
[PR]
# by adamaki98 | 2012-08-21 22:13 |  ラシア


検索
フォロー中のブログ
link
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧